スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
ブログのお引越しをいたします
皆さんこんにちは。
夜逃げは嫌いで、
転居には寛容なヨシコシです。

この度、私たち「工房」の
スタッフブログ「かすかい」は

ライブドアブログへ
「後悔しない家づくりBLOG 『かすがい』」
として

リニューアル引越しを
することにいたしました。

まだ、
操作に慣れておりませんが、
今後とも変わらぬご愛顧の程
何卒よろしく御願いいたします。
スポンサーサイト
[2014/01/31 14:33] | 工房 News | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
甘酒のおもひで
こんばんは ヒライです。

冬らしい寒い日が続きます。

築25年の我が家は本当に寒いのです。

そんな時 お引渡しさせて頂いたRC外断熱のお宅にお邪魔すると
『とても暖かく快適です』と どのお客様にも言っていただけるのが
とても嬉しく また 羨ましくもあります。

寒くなってくると 魚が旨くなってきます。

鮨が大好物の私は 寒くなってくると胸が躍ります。

かわはぎの肝をチョンとのせた握りなんちゃぁ たまらんです。
あぁ 思い出すだけでもよだれがwww

冬の思い出と言えばもう一つ

先日 お客様より酒粕を頂戴いたしました。

ご親戚が酒造をやっているそうで 以前にも日本酒を頂きまして
スッキリとおいしかったです。

さっそく 翌朝 お袋様に 甘酒を作ってもらいました。

私は群馬の沼田の生まれですが 物心つく頃には埼玉に引っ越していて
祖父母も 前橋に引っ越しておりました。

祖父母の近所では 『どんと焼き』といって
去年の勤めを終えた だるまや破魔矢、正月飾りなんかを
一か所にまとめ 竹などで約3~4mの山をつくり燃やしあげます。

地域によって呼び名は違うそうですが 旧正月の行事のようで
幼き頃、旧成人式はどんと焼きの日でした。

日の出前 3時くらいから火をつけるのですが
その豪快な火柱 1mも近づけないような熱さ 日の中での何かが爆ぜた音
圧倒されながら 無病息災を祈り おもいおもいに火を囲みます。

竹の先にお持ちをはさんで焼いたり アルミホイルに包んで焼き芋したり

そんな中 ワタシの楽しみの一つに
町会のお母さん方が用意してくれる 甘酒 がありました。

無料で飲み放題だったので 何杯もおかわりしてました。

おばあちゃんに そんなに飲むと酔っ払ってしまうよ 
と言われながらも何杯も 思えば もう飲んべの素質があったのかもしれませんね。

高校生くらいから 足が遠のいてしまいましたが

冬の朝 芯からあったまる甘酒に 今は亡き祖母の笑顔と
どんと焼き を思い出し 炬燵からなかなか出れない ヒライでした。

毎冬、コンビニや自販機で甘酒買って飲むのですが
やはり 自宅で作ると一味違いますね。とてもおいしかったです。
K様 ありがとうございました。

お読みいただき ありがとうございます。 

[2014/01/24 19:10] | ヒライのつぶやき | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
LIXPO東京2014で感じたマーケティング力
皆さんこんにちは。

アゴの下が皮膚病でただれてしまったネコの親、
ヨシコシです。

嫁が動物病院に連れていくと
「フーッ、フーッ!!」
と必死に先生とやり合っているそうです。
相当な病院嫌いのモクです。

昨日本日と、
東京国際フォーラムで開催されている
「LIXPO東京2014」
に行ってきました。

今日は、昨日の
平井氏と同じく、
私もこの展示会からのトピックを。

LIXPOは、「リキシポ」と読みます。
巨大おばけ企業のLIXIL(リクシル)が
住宅の建材設備について、
定期的に新商品や新提案をするイベントです。

会場の入り口では、
オレンジのネクタイとチーフをつけた
LIXILの社員さんの人数たるや・・・。

まるで、
マトリックスのエージェント・スミス状態です。
LIXPO マトリックス
写真は、スミスさんの一部。
実際はこの20倍。


さっそく、
工房担当の櫛淵さんにご案内いただきながら、
色々な商品を見学いたしました。


スタイルシェード 定価36,500円
リフォーム 日よけ
この商品はオーニングより簡単に低コストで
日よけができる商品。サッシの外枠に後付けできる優れもの。
材質は網戸と同じメッシュです。

屋内側から見たスタイルシェード。
これなら、
エージェントスミスの手から
逃げ隠れることもできます。
リフォーム 日よけ


こちらは
屋内用の横すべり出しの「通風窓」
縦横比のバランスがよくてきれいです。
通風窓 屋内

「アミイ」という従来のキッチンは
今春から「アレスタ」という
キッチンに一新されるそうです。
これは、珍しいホワイト色の混合水栓。
キッチン ホワイトの混合水栓
ホワイトだと白い水垢が目立ちにくいですね。
もしかしたら、水栓の根元に付着するオレンジっぽい
カビ汚れは目立つかもしれませんが。


こちらは、
私がもっとも感心した
シンク脇の水切り棚です。
キッチン 水切り
現在では、ゴミの分別回収が徹底してますから、
空になった缶ビール・プラ容器・ペットボトルなどは、
一度中を水で洗い、キッチンのどこかに
逆さまにして水切りをしてから潰しますよね。
そうした、
ちょこっとした空容器の水切りスペースって
今までのキッチンにはありませんでした。
これは間違いなく便利です!
マーケティングで、
日常のちょっとしたひと手間の面倒さは、
実際に家事をされている主婦の皆さんの声を
細かく分析していかないと
こうゆう商品としてアウトプットできません。

さて、問題です。
これは何がすごいのでしょうか?
アレスタ ホーロートップ

5、4、3、2、1

チ~ン!

ハイ!

答えは、フライパンに注目です。
従来のコンロでは、
魚焼きのグリルの「排気口(中央奥側の黒い部分)」
が横長でしたので、
この位置にフライパンを置くと、
グリルに当たって斜めになってしまいます。

料理をされる方はわかるかと思いますが、
並行して色々な調理をしていると、
鍋やフライパンの仮置き場所に困るもの。
これも◎の改善点ですね。

アレスタ ホーロートップ2
これ欲しい・・・。



こちらは、ユニットバスの「キレイユ」の
新しいオプションの「アクセン・トタイル」です。
以前、私の好きなLIXILさんのユニットバスに
「アライン」というものがありました。
タイル張りにできるユニットバスだったのですが、
今回のキレイユでは、鏡まわりだけですが、
タイルの仕様にできるようになります。
ユニットバス タイル
ユニットバスのテカテカつるっとした壁材に
タイルと目地の凹凸の表情がつきますので、
少し手作り感も増しますね。

他にも色々ありましたが、
世の皆様の
ご意見やアンケートを必死に分析しながら
メーカーさんは、商品を毎年少しずつ
バージョンアップしていくのです。

皆さんもぜひ、
使用している商品のご感想を声に。

ちなみに、
LIXILさんのキッチンの開発担当者さんを
2年前にお会いさせていただいた際、

「アミイ」という商品名は
サンウェーブからの古いブランドイメージを引きずっており
今のLIXILのイメージに合わない。
名前は変えた方がいい。

と意見をさせていただいたことがあります。
担当者の方は、
神妙な顔つきで聞き入っていたのを
覚えております。

ヨシコシはその後も
工房の担当者さんに会う度、
言い続けておりました。

今回、
「アミイ」が「アレスタ」になって、
個人的にとても嬉しいニュースでした。

お読みいただきましてありがとうございました。
[2014/01/22 12:42] | 建材・設備 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
LIXIPO東京2014 に行ってきました。
こんばんは ヒライです。

LIXIL社さんの
『リクシルの”暮らしを育てる。”展示会』
と銘うたれた 展示会に本日は東京国際フォーラムに行ってきました。

9つのテーマに分かれたブース

リクシルさんが提案する空間展示と新商品が展示されていました。

今日・明日と開催される展示会 大変なにぎわいでした。

その中で私が特に目をひいたのは『エコカラット+』でした。

調湿・吸着機能に優れたデザインタイル『エコカラット』のモデルチェンジ
性能があったのはもちろんですが、デザイン性も上がりました。
エコカラット+①
エコカラット+②

ちょっと人が多すぎて 満足な写真が撮れずに申し訳ございません。

お部屋のワンポイントに 機能も上がったので 最小単位で飾るのもありだと思います。
ご興味ある方は、リフォームでもできますので考えてみてください。

お読みいただきありがとうございます。
[2014/01/21 20:54] | ヒライのつぶやき | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
二世帯住宅の現場打合せに行ってきました
皆さんこんにちは。
プライバシーマークの監査の準備に追われて
プライバシーが不足気味のヨシコシです。


そして、今はひそかにわが工房のHPの手直しを
ちょっとずつ水面下で進行させております。
なので、必死で原稿修正もしております。

あっ、言ってしまった!
これはもう水面下ではなくなった・・。


同時に見積作業に、施工中のお客様の詳細見積に打合せと多忙な毎日で、
ボケ防止に大いに役立ってます。


日曜日の午前中、
某区の木造の二世帯住宅の
打合せに行ってきました。
監督は、新庄貴男です。
木造 二世帯住宅
監督の新庄と私は実は同じ年で1971年生まれ。
スーパーカーブームとタイムボカン・シリーズで育った世代です。
なのに私の方が新庄よりも白髪が多いのは、
きっと私がインドで心労を重ねたか、
新庄が毎日わかめを食べているからに違いありません。


日曜日は休工日です。
清掃を終えた大工さんの整理整頓ぶりは
こうゆうところを見ると一発でわかります。
大工のSさんたちが、几帳面なのがよくわかります。
きれいな現場は事故も少ないです。
現場清掃


1階和室の檜の化粧柱に養生カバーが巻かれ、
日焼け防止の紙養生もされています。
化粧柱 スタイロフォーム
手前の右側に平積みされているのは、65mm厚のスタイロフォームAT。
通常のスタイロフォームと異なり、ATは防蟻性のある断熱ボードです。
これらは、玄関土間とユニットバス下の基礎の内側に施工するものです。
玄関やユニットバスにもきちんと断熱処理をしないと、
冬場のヒートブリッジになり、底冷えします。



1階キッチンの配管の立ち上がりの様子。
キッチン 配管立上げ


1階の構造梁とカネシンの構造金物「プロイズ」
カネシン プロイズ
構造金物は一般的にZマーク金物が有名ですが、
カネシンのプロイズはシルバー色の特殊メッキが3層に施されており、
腐食に強い。
自分でも、1年間、通常の構造金物とプロイズを
屋上放置して実験しましたが、確かにプロイズは腐食に強い。


こちらは、外壁の下地に張る防水シートですが、
遮熱性の高いデュポン「タイベック・シルバー」。
地味な高級建材で、ヨシコシおすすめです。
タイベックシルバー
夏場の遮熱性が格段に良くなります。
このシートによって、外壁が受ける熱をタイベックシルバーが大幅に遮断、
それによって壁内温度も上昇しにくくなります。
ということは、
最終的には、内壁から放出される熱の輻射も抑えられるということ。

人が壁際に立った時、空気の温度と壁の温度の中間の温度を
「体感温度」と認識するため、
このシートによって、屋内での体感温度は、より低く感じられる。
科学的なデータ以上に、快適さを感じるのが、
この建材の最大のメリットなのではないかと私は考えます。

例えばですが、
目に見える意匠グレードを上げるよりも、
こうゆう地味な建材で、効果的なものをあてがう方が、
住み心地がよくなり、
お引渡し後の満足度もより高まると信じています。

もちろん、
満足度は人それぞれです。
推奨はすれど強制はしません。


日曜日のお打合せも和やかに
いつもお施主様には感謝しております。
皆様、寒い中、お疲れさまでございました。
どうか風邪をひかないでください。

お読みいただきありがとうございました。
[2014/01/20 22:42] | 現場のこと、品質のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
| ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。