スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
夏の横断歩道

ある日 僕は 車を運転していた。
各所 車で回り 用事もひと通り済ませ 会社に戻ろうとしていた。

その日も とても暑く けだるい一日で 
冷房の効いた車内と アスファルトが溶けそうな外との温度差に
頭が くらくらしていた。

夕方 5時近くになっても 一向に涼しくなる気配を見せない

会社に戻ったら こないだあった がりがり君でも食べようかと
何の気もなしに 信号待ちをしていた

国道122号線 志茂駅前は 家路につく人が ちらほらと

その中に 齢 70歳くらいであろうか 重そうな買い物袋をさげ
暑い中 ゆっくりと歩いている おばあちゃんがいた

暑いよなー 大変だろうなー と 別に何をするわけでもないのだが
なんとなく 目を奪われた

そのおばあちゃんに 対岸側から 颯爽と近づく 1台の自転車

横断歩道の真ん中くらいで おばあちゃんのところで踵をかえし
おばあちゃんの持っていた荷物をすべて 自転車のかごに入れた

どうやら 迎えに来た おじいちゃんだった。

おじいちゃんが 来た時の おばあちゃんの笑顔が何とも言えず良かった。

会話は何も聞こえなかったが

おそらく 老夫婦には よくある日常なのだろう

まぶしく見えた その光景は 永遠に続くわけではないと
彼らが よく わかっているのだろう
でも 終わることを疑わない その日常は とても とても
僕が欲しい 幸せのひとつのカタチを 見せてくれた。  

とても暑い 夏の横断歩道で



              ジョニー・H・Y 著  『幸せのカタチ』 より


にほんブログ村

スポンサーサイト
[2013/07/30 18:49] | ヒライのつぶやき | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<注文住宅の平均予算オーバー額っていくら? | ホーム | 撮影禁止の隠し部屋で見たTOTO「新型トイレ」の実物>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://koboeigyoublog.blog.fc2.com/tb.php/131-6e685c6b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。