スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
誰でもわかるマンガ最終回「すまい給付金」
皆さんこんにちは。
さすがにこの暑さ、フレッシュな南国果実を使う
タイのスムージー屋台が恋しいヨシコシです。

さて、前回、前々回と国交省住宅局が製作したマンガを
「漫写」に変換し、新しい住宅関連税制について
ご紹介をしてきました。
今回の第3話は涙の最終回となります。

■前回までのあらすじ
夢のマイホーム取得を目指しはじめた家村宅夫(いえむら・たくお)さん一家。
さっそく夢の実行に向けて一家は、住宅展示場へ足を運びました。
とあるモデルハウスで家村さん一家がはしゃいでいると、
突然、屋根の形の兜を被り、泥棒柄の肩掛け鞄を下げたタヌキ(「タヌキ先生」とヨシコシが命名)
が出現します。このタヌキ先生は、人間でないのにやけに日本国の住宅事情に詳しく、
家村さん一家は、このタヌキ先生でから、来年4月の消費増税でも
住宅には「特例措置」があることを学びます。
ですが、家村さん一家はもう間に合いそうもありません。
落ち込み悩む家村さん一家。
タヌキ先生はそこで衝撃的な情報を提供します。
実は日本国は、タイミング的に消費増税の特例を受けられそうもない人に、
ノアの箱舟を2舟用意していたのです。
助け船の1艘とは「住宅ローン減税」といい、
もう1艘は「すまい給付金」というものです。
舞い上がる御主人、
必死に手綱を引き締める現実的な奥様、
家村さんの家づくりはいかに?
感動の最終話のはじまり、はじまり。


箱舟の2艘目「すまい給付金」の解説がはじまります。
すまい給付金1
タヌキ先生は
①現金給付②所得が低い人ほど優遇がある③新築でも中古でもOK
という3ポイントを解説します。

すまい給付金2
さらにタヌキ先生が給付には、持分の比率が絡んでくる
という追加ポイントを解説します。親と子の二世帯住宅など
資金を合算して建てる計画などは登記上の持分比率も分かれるので
申請に注意が必要になります。

補足説明が続きます。
すまい給付金3
ここでは、資金の分担負担があっても、その家に住む人にだけ給付金が下りる。
「住宅ローン減税」と「すまい給付金」は同時に利用できる
という、2つのポイントを解説しています。

タヌキ先生の話をいったんまとめます。
すまい給付金4
新築でも中古でもOK,持分保有者単位にて申請、
給付額は、収入と持分割合で決定するなどが表にまとめられてます。
また、借入れなしで現金で建てる人は50歳以上で収入額の目安が650万円以下など、
追加要件もここに記されています。

続けてタヌキ先生が申請方法をレクチャー
すまい給付金5
申請は、入居後で申請には2ヶ月かかることを予想をしています。


申請から給付までのフロー
すまい給付金6
必要書類は
 住民票
 個人住民税の課税証明書
 建物の登記事項証明書・謄本
 工事請負契約書
 ローン契約書(借入れをして建てる場合)
です。

安心する御主人、まだ心配な点を質問する奥様
すまい給付金7
平成27年10月1日に消費税率が8%から10%へ引上げられても
この制度は続くとのことで、奥様も安心。

タヌキ先生の解説も終わり、
一家は家路につきます。
すまい給付金8
すまい給付金の電話問い合わせは
 0570-064-186
 9時~17時(土、日、祝含む)
専用ホームページ
 すまい給付金制度

あれ?家村さん??
タヌキ先生のいるビルダーさんへ
家づくりのご相談はしないのですか?


こうして市販コミック・マンガでは考えられない
平和なストーリーで最終回を終えました。
パチパチパチ。

国交省住宅局の皆様、
大変よい出来栄えかと思います。
願わくばタヌキ先生の本名をぜひ教えてください。


お読みいただきありがとうございました。

にほんブログ村にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ
にほんブログ村



スポンサーサイト
[2013/08/10 17:09] | 資金・契約・保障等、カタい話 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<もういくつ寝ると 夏休み!! | ホーム | 誰でもわかるマンガ2「住宅ローン減税について」>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://koboeigyoublog.blog.fc2.com/tb.php/141-496792f3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。