スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
工務店が「建築の原価」を公開するメリットは?
皆さんこんにちは。
今日の午前中は小学校の運動会にて、
娘の頑張りに目尻を下げたヨシコシです。

運動が少し苦手な娘が一生懸命走っているだけで
大人の自分ももっと疾走せな、と一生懸命を再確認。

マンション リフォーム2
RCのオフィスビルを居宅にリフォームの例。


今、疾走という表現をしましたが、
わたしたち工房が、
工務店として挑戦し続けている試みがいくつかあります。


一つ目は、あらゆる構造と工法を駆使して最も適した設計提案をすること
二つ目は、それらを高い品質で具現化するための施工品質の強化
そして
三つ目は、提供する建物の原価を公開した見積を作成することです。


この三つ目の「原価公開」は、大きな反響と誤解をはらんでいます。




例えば、
短足のモクさんが、キャットタワーを新築することになりました。
モク マンチカン

さっそくモクさんは、ネコタワーで評判の
山猫工務店に出向き、自分が足が短いことを設計者に伝え、
バリアフリーよろしく段々の間隔の詰まった
キャットタワーの設計と概算見積を依頼します

工務店に見積をとると、

仮設工事 一式 1万円
躯体工事 一式 3万円
電気工事 一式 1万円
▲お値引 一式 4万円
総工費 1万円

「・・・?!」

山猫工務店から出てきた見積は1枚の紙。

モクさん、
キャットタワーの間取りと見積をクンクン嗅いだり、
つついてみて、建てるかどうか判断に迫られています。

見積が高いのか安いのか、モクさんによくわかりません。

ならばとモクさん、
対抗手段として複数の工務店から相見積をとることに。

ここでちょっと角度を変えて考えてみましょう。

建築家は、数社の工務店に同じ見積図を渡して同じ間取り、
同じ仕様でにて積算された各社の見積を比較検討していきます。
さらに、その工務店の現場管理能力やアフターフォロー、
お施主様との相性、施工の柔軟性など加味して依頼先を決定します。
建築のプロは決して安い理由だけで決めません。


小規模リフォームならともかく、
家一軒レベルの見積比較は、
かなり細かなところまで条件を指定していないと、
プランの違う見積や概算レベルでの見積を
精査することは素人には99%不可能です。


モクさん、
概算見積を比較し、
「山猫工務店さん、ここの部分は高いようですな。」
プルプル声で指摘します。

山猫工務店の社長さんはムッとして
「いやモクさん。コッペパンとエビカツ・サンドを比較して、
あっちのパン屋は80円安かったからって、うちのエビカツパンと
比較されてちゃあ、たまったもんじゃないよ。」

マンション リフォーム3
社長のいうエビカツパンのこだわり(想像)。



工房では
見積を作成する場合、建築の原価を公開しています。


あえて自分達の一棟あたりの利益も明示して、
建築のコストの高くなる原因や安くできる部分を予め説明するようにしています。


私達が求めるお客様は、
いいものを作りたいけど工法の選定や依頼先がわからない方に、
手間と時間をかけて対話しながら人間関係を築き、
性能とデザインとコストのバランスを一緒に考えていけるお客様です。
そこに初めて、原価を公開している価値と安心があります。



原価公開している工務店があると耳にしたモクさん。
いきなり電話で、
「4階建てのキャットタワー、坪いくら?」
とぶしつけに問い合わせました。

電話に出たヨシコシは、

「モクさん、あのですね。フルオーダーのスーツ屋さんに、
布地の好みや体格も伝えぬまま、
身長だけで値段をたずねるようなものですよ。
しかも・・・足、短すぎます・・・」



工房のスタッフは、
「工務店と一緒に納得のいく建物を作っていきたい」、
そう思っていただける方に最大の時間と努力を払います。

お客様との人間関係が出来上ががるほど、
一緒に建築コストをコントロールしやすい「原価の公開」は
大きな価値を帯びてきます。

お施主様が原価を把握することは、
自分が希望する家づくりの優先順位を細かく考える上で
非常に有益なことです。

原価を知られることを一番嫌がる建築の業界において、
工房の原価公開スタイルは
社会的に意義のあることだと私は思います。

原価を知ると、
建築の資材以外に自分の家が
どれだけの職人さん時間をかけているのかがわかります。


さてさて、

モクさん、無事にキャットタワー依頼先を見つけることができるでしょうか?

お読みいただきありがとうございました。

にほんブログ村にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ
にほんブログ村



スポンサーサイト
[2013/09/28 21:43] | 資金・契約・保障等、カタい話 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<スポーツの秋と適材適所 | ホーム | 秋の夜長に・・・>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://koboeigyoublog.blog.fc2.com/tb.php/174-bbce457e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。