FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
住宅の構成に想いを馳せる
皆さんこんにちは。
出光佐三に憧れるヨシコシです。

『永遠の0』に続き、百田尚樹さんの
『海賊と呼ばれた男』の上巻を読みました。

国や日本国民を想い、
もはや「商い」のレベルを通り越した次元で
会社を動かす器の大きい国岡鐵造(出光佐三)
の立志伝。


「金の奴隷たる勿れ」


企業は利潤を追求することで成り立ちますが、
その奴隷になりさがって
お金に振り回されては、
経済(=「民を救う」の意)活動では本末転倒なのだ
という明確な理念に大いにしびれました。



見事な筆力にぐいぐい引き込まれます。
私はドキュメンタリーが好きなので、
彼の小説の作風がツボにはまります。


私的にホットな小説のお話はさておき・・・。


住宅の構成に想いを馳せる。
これは工務店の担当者の醍醐味です。

木造 地下室 6
パウル・クレーの絵をモチーフにしてステンドグラスを製作

木造 地下室 4
玄関扉の上につけたステンドは美しい光をローズウッドの無垢床に落とします。


木造 地下室 2
屋根から階段へも光を注ぎますと、
日常の何気ない昇り降りも、なんだかとてもとても気持ちがよい。
ここを毎日昇り降りするお子さんはきっと
大人になっても、この階段に愛着をもってくれると信じて。


お客様の顔や趣味を想像しつつ、
ここはこんなスペックにしたら、
きっとランニングコストでのメリットがありそうだ。
ここをこれにすれば、メンテは楽だ。
こっちはコストを抑え目にしてこっちを一点豪華にさせれば、
きっと気持ちいい空間となって快適だ。

そんな想像をしながら、
ただただ喜んでもらいたい一心で
計画を立てていく時、すごく充実しています。

同じ家は二つとないもの。
だから毎回、勉強にもなります。

単に、
安い建材で構成してコストを安くみせる
安かろう悪かろうの家ではなく、

一般品とは少し異なる良い建材や良い部材をバランスよく盛り込み、
総合的に優れた提案を目指したい。


国岡鐵造が、
満州鉄道の汽車の車軸に使う油で、
マイナス20度の極寒で凍らないものを開発して、
アメリカ大手から実力でシェアを奪った熱意と行動力。


いいものを作って提供すれば人は喜び生活が潤う。
その輪が大きくなれば、経済も活性化する。

単純でありながら生むに難しい連鎖ですし、
常軌を逸する手法で次々に実現させられる人はすごいなあ
と思います。

国岡さんには、まったくもって足元にも及びませんが、
今日も現場訪問、建材設備提案、概算見積などに励むヨシコシでした。


フあぁ~~・・(あくび)。

お読みいただきありがとうございました。

にほんブログ村にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ
にほんブログ村



スポンサーサイト
[2013/10/21 22:07] | 資金・契約・保障等、カタい話 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<『笑っていいとも』が 来年3月で放送終了。 | ホーム | 楽天 日本一なるか?!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://koboeigyoublog.blog.fc2.com/tb.php/195-64ec5cdc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。