スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
『日本辺境論』と本田圭祐の価値
皆さんこんばんは。
高崎線のボックスシートに揺られて
辺境地に帰っていくヨシコシです。

先日読み始めた内田樹さんの『日本辺境論』、
なかなかオモシロイ本です。

私の語学力では、上手な解説はできないのですが、
プロ・サッカー選手にあてはめて考えますと
よく理解できることがわかりました。

常に中心は「中国」であり「西欧」であった歴史を長くもつ日本は、
その心理的地理感によって、
独自のメンタリティが醸成されたというお話でした。

日本は古来より、外来からの思想が核をなしてきました。
それが日本に取り込まれる際、
常に変化と修正が加えられる。

そして、私たちはいつも絶えず外を向いて、
きょろきょろと新しい価値、思想、ライフスタイルなどを求めています。

そうした態度は、
日本を上回る他国の何か
との比較でしか自国を語れない態度になって表れます。

サッカーを語るジャーナリストやプロサッカー選手は、
常にヨーロッパや南米のサッカーと比較して
日本サッカーの何が劣るかを語ります。

それなのに、
どの評論家も

「日本らしいサッカーはこうなのだ」

という確信めいた断定をしません。

また、
海外に移籍する選手が沢山出てくるなかで、
私は、明治大正時代の頃の欧米へ行った留学生に
よく似ているなと思います。

日本人が固執するのが「場の親密さ」。
自らの思想やアイデンティよりも
場の親密性を優先させる傾向にあります。
長いものには巻かれる受動的な態度を
「親しみのメッセージ」として提示できてしまうのは、
世界的に特殊な性向です。
それはいい面だって沢山あります。

日本のプロサッカー選手は、
「強いサッカーを学ぶためにこの国のこのクラブに来た」
という純粋な思いから、
サッカー観や自己のプレーの確固たる長所を考える前に、
もしかしたら
目の前の上位文化をただガムシャラに吸収している
ことに比重を置き過ぎているのかも知れません。

また、
日本人(たぶん選手も)は固有の経験や生活実感に根付いた「自分の意見」を
あまり述べない傾向にあります。
それは「自分の問題」として物事を考える経験に乏しいからで、
外部の誰かが考えた意見の中から、
気に入ったものをチョイスすることを好んできたことに起因します。

スタート地点がすでに受身ということです。
先に存在するものを受動的な態度で学ぶと、
「学べる限り、学べ」という貪欲な精神的アプローチとなり、
そこから得られる「知」は無尽蔵となります。

やはり、
こぞってヨーロッパへ移籍するサッカー選手が頭に浮かびます。

「外国に上位文化がある」という根深い思い込みは、
常に心理的地理として辺境に位置する日本が学ぶ動機づけとなり、
成熟への道を築くことになりますが、自身の「未熟さ」も正当化してしまいます。

「私は辺境人であるがゆえに未熟であり、ただしく導かれねばならない」

という論理は、
歩むべき「方位」を大まかにもたらしますが、
自ら定める絶対的な「目的地」の設定を妨げています。

ところが、
「日本のワールドカップ優勝」を公言し、
チーム内の外国人と対等に意見し渡りあい、
努力を続けているCSKAモスクワの本田圭祐選手がいます。

まったくもって日本人ぽくない選手です。

それは、もしやひょっとして
一流外国人選手のメンタリティに近い。

つまりは、
「外国人ぽい=日本人らしくない日本人」

ということになります。

だから日本人はたいがい、
彼に好感をもつのではないか。
(わたしも好きです、本田選手)

日本辺境論を読んで、
私の場合、こんな妙な結論に行き着いてしましました。

今日はカタイ話ですいません。
自分で書いてぐったり・・・。

駄文をお読みいただき恐縮でございます。

にほんブログ村にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
[2013/11/15 22:08] | サッカー礼賛 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<「ブドウの家」と「リンゴのような家」 | ホーム | それは血なのか はたまた 変り者は変わり者を呼ぶ>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://koboeigyoublog.blog.fc2.com/tb.php/217-ae77ae82
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。