スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
工房の耐震改修
おはようございます。 ヒライです。

昨日は、家風呂にじっくり1時間半入り 風呂を出たあとは入念にストレッチ
早めにぐっすり寝ました。
まだ すっきり目覚めた!! と言うほどではないですが
少し回復はできたかなー さ 今日も頑張るべ!!

工房は 主に 新築の注文住宅を建てる工務店ですが
アパート 商業ビルも手掛けている 幅広い工務店です。

家にまつわることは 何でもご相談いただければと思っております。

もちろん リフォームもお受けいたしておりまして
ここ 1,2年は 力を入れている分野でもあります。

細かな修繕から水回りのリフォーム 大規模な回収まで
工法を限定しない工務店だからこそ 自由な発想と商品の組み合わせ
ご納得頂ける施工法で ご提案させていただいております。

木造の大規模改修の際に 多いのが耐震方法についてです。

理想を簡単に言いますと しっかりとした図面があり その図面を基に
構造計算をして 施工法を選定する事が 明確で安心な方法であると思います。

ただ 築30年を過ぎるようなお宅ですと 図面がままならないこともあったり、
たとえば 住みながら施工したいので、この部分は残しながら
という事もあります。

あまた耐震施工法はありますが、工房で採用している工法の一つに
耐震補強研究所が 推奨しています。『耐震セーフティ工法』
以前 ヨシコシもご紹介したと思います。

簡単に言いますと 金物工法に分類され 1辺が約76cmの2等辺三角形
の三角火打ち金物を 柱と梁・梁と梁 に取り付け堅牢にする工法です。

似たような金物はあるのですが 耐震補強研究所さんが 紆余曲折を経て
国土交通省の大臣認定を取得されております。

耐震補強研究所 HP 興味のある方は どうぞ
http://taishin.bz/technology.html#TECH01_1

明日は、お休みを返上し 
木耐協(日本木造住宅耐震補強事業者協同組合)の耐震技術認定者講習会
(カンジ ナガッ 汗)
に言って 知識を深めてまいりたいと思います。

お読みいただき 感謝いたします。


にほんブログ村にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ
にほんブログ村



スポンサーサイト
[2013/11/19 10:13] | 建築のよもやま話 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<ベルギー戦に見た日本サッカーの未来像 | ホーム | 森の空気を満喫>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://koboeigyoublog.blog.fc2.com/tb.php/225-f202bca7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。