スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 | page top
ザイペックス防水とは何ぞや?
皆さんこんにちは。
クリスマス生まれの仏教徒のヨシコシです。

昨日はお休みをいただき、
子供と公園で縄跳びをして遊び、
夜は家族で誕生会。
私は42歳になりました。

娘から「親孝行 5回分」の商品券をもらい、
さっそく1枚使ってマッサージしてもらいました。



先日、
お施主様と一緒に建築現場にいきました。
半地下のあるスキップフロア2階建の家で、
今は2階の床組みまで完了したところ。


写真両脇がお施主様、
左手に図面を持った直立不動の人は設計の石川女史。
お施主様が写真を撮っている姿を後ろからパチリ。
2×4 スキップフロア1
来年1月中旬には上棟予定で、
これから先の内装打合せがとても重要です。

玄関は、道路からかなり奥まったところにあり、
わずかに見えるだけですので、
こちらの公園のある西側からの眺めがこの建物の顔となります。



中2階のリビングから玄関付近を見下ろしたところ。
2×4 スキップフロア2
2階キッチンのプラットフォームはこれから組み上げます。


中2階のリビングから西側の公園を見下ろしたようす。
2×4 スキップフロア4
段々楽しみになってきました。


玄関入って左は半地下の趣味の空間です。
お施主様は自転車が好きなので、
この半地下室で工具を使って自転車のメンテナンスなど
される予定です。
地下防水 ザイペックス



こちらは、
基礎の内側に
「ザイペックス」
という躯体防水を施したところです。

この防水、一風変わっており、
ダムなどの土木工事から住宅へ応用された経緯をもっています。
地下防水 ザイペックス 2

木造では一般的にFRP防水が有名で、
屋上に施工する金属防水、
鉄骨では、シート防水やウレタン防水、
RCではアスファルト防水など、
防水には実にいろいろあります。


通常の防水は、施工してから経年劣化がはじまります。
ところが、このザイペックスというコンクリートの改質材を
使用した防水では、
ザイペックス硬化後も、
コンクリートが未水和のシリカと水和反応を起こし、
半永久的にコンクリートを緻密化し続けます。

ザイペックスの施工は、ですので
長期維持管理の必要な地下構造物、橋梁、ダム、河川の構造物などに
使われてきました。

ザイペックスと他の防水材との違いは、
他の多くの防水材が、
コンクリートの表面に「皮膜」を作って止水するものですが、
ザイペックスは、
コンクリートそのものを改質し、緻密化して防水性と耐久性を向上させる
無機質セメント結晶増殖材となります。

ザイペックスで処理されたコンクリートは、
ひび割れの発生に対し、自己修復作用があります。
この能力は、ザイペックスの珍しい性質といえるでしょう。

工房の建築では、
木造の半地下部などで、このザイペックス防水を使用いたします。

お読みいただきありがとうございました。

にほんブログ村にほんブログ村 住まいブログ エコ住宅へ
にほんブログ村


スポンサーサイト
[2013/12/26 15:09] | 現場のこと、品質のこと | トラックバック(0) | コメント(0) | page top
<<お施主様専用のヘルメットできました! | ホーム | 楽しいOB訪問「耐火木造住宅」の巻>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://koboeigyoublog.blog.fc2.com/tb.php/237-894a97ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。